ホーム>フジヤ商事法務FP事務所ブログ

フジヤ商事法務FP事務所ブログ

安全運転管理者の選任

6月の千葉県八街市での小学生5人の死傷事故を受け、警察庁は「白ナンバー」の車を業務で使う事業者が一定の基準を満たす場合にアルコール検知器による運転者の飲酒検査を義務付ける方針であることが分かりました。これに際し実務を執り行う「安全運転管理者」の選任・届出が義務づけられていますが、まだまだ道交法をご存じではない事業所も多いようです。当事務所ではご相談、手続きに関するお手伝いをしております。 詳しくは…
>記事本文を読む

年休取得義務化で取得は進んでいるか

独立法人労働政策研究・研修機構が、働き方改革関連法の施行に伴い、年次有給休暇(年休)取得に関する企業・労働者アンケートを行い、その結果を公表しました(調査期間:2020年1月27日~2月7日。企業17,000社、労働者71,796人を対象に実施し、回答は企業5,738票、労働者15,297票)。 ◆計画的付与制度の導入企業は42.8%、取得目標を設定している企業は6割以上  企業調査の年休の計画的…
>記事本文を読む

コロナワクチン接種証明書の申請

新型コロナウイルスワクチン接種証明書の申請受付 7月26日より ◆当面は海外渡航限定 欧州の主要国を中心に、新型コロナウイルスワクチンの接種証明書の提示により、いわゆる水際対策を緩和する動きがあることを受け、日本でも7月26日から市区町村において接種証明書発行の申請受付が開始されることとなりました。7月12日の内閣官房長官記者会見によれば、接種証明書の提示により防疫措置の緩和等が認められる国や地域…
>記事本文を読む

生命保険契約照会制度

昨年の9月に当事務所のブログでもご紹介しましたが、題記の『生命保険契約照会制度』が7月から始まりました。身内の死亡等により生命保険契約に関する手がかりを失い、保険金等の請求を行うことが困難な場合に契約の有無を照会できる制度です。詳細についてはリンクを貼りましたのでそちらをご覧ください。利用には所定の準備書類や費用が掛かります。 こちら>>> …
>記事本文を読む

コロナ関連、健康保険扶養者等の臨時的特例

厚労省はワクチン接種業務に従事する医療職の健康保険の被扶養者・国民年金の第3号被保険者の収入の確認について、臨時的な特例を設けることする通知を発出しました。 こちら>>> …
>記事本文を読む

東京都中小企業者等月次支援給付金について

東京都では国の月次支援金に上乗せ加算するとともに、国制度の対象要件を緩和し独自給付をしています。 詳しくはこちら>>> …
>記事本文を読む

令和元年労働保険料収支状況

毎年この時期になりますと労働保険申告用紙と一緒に労災保険や雇用保険の収支のお知らせがあります。大きな金額を表にまとめてみました。雇用保険は給付額の大きさにビックリです。失業対策の求職者給付と育児休業給付だけで1兆円を超えています。カッコ内は前年 ・労災保険料等収入 :1兆2,036億円(1兆1,705億円)・労災保険給付等合計 :8,496億円(8,396億円)・療養給付 :2,492億円(2,4…
>記事本文を読む

月次支援金の再度お知らせします

4月29日の当事務所ブログでご案内した『月次支援金』ですが、一時支援金の確認に来られた方にお聞きすると殆どの方がご存じありませんでした。再掲しますのでご自身が対象になるのご確認してください。 こちら>>> …
>記事本文を読む

令和2年の労働災害発生状況

◆死亡者数は3年連続過去最少、休業4日以上の死傷者数は増加 厚生労働省が公表した令和2年の労働災害発生状況の取りまとめによれば、令和2年(1月~12月)の労働災害による死亡者数(以下「死亡者数」)は802人(前年比43人・5.1%減)と、3年連続で過去最少となりました。一方、休業4日以上の死傷者数(以下「死傷者数」という)は131,156人(前年比5,545人・4.4%増)と平成14年以降で最多と…
>記事本文を読む

コロナ禍の交通事故発生状況

◆令和2年の交通事故発生状況 警察庁「令和2年における交通事故の発生状況等について」(令和3年2月18日発表)によれば、令和2年の全国の交通事故死者数は2,839人で、前年より376人減少し、統計を始めた昭和23年以降、最少となりました。また、重傷者数も、前年より減少しています(27,774人、前年比-4,251人)。その背景には、令和2年4月7日から発出されていた緊急事態宣言を受け、外出自粛等に…
>記事本文を読む
ページ上部へ